トップページ > 管理人のカニ雑学 > ブランドガニを食べるならツアーで!

ブランドガニを食べるならツアーで!

ブランドガニを食べるならツアーで!

カニには、タラバやズワイ、毛ガニや花咲ガニなど種類がたくさんあります。
そんな中でも特にズワイガニは地域によって呼び名が変わり、今ではブランド化されているんです!
聞いたことはあっても、実際になかなかお目にかかれないブランドガニを食べるのはなんといってもツアーが一番です。
地域ごとのカニの名称とともに紹介していきたいと思います。
これからカニツアーを考えている方、是非参考にしてみてください。


水温の低い日本海側はカニが豊富!

北海道でのズワイガニの旬は春と言われていますが、日本海側では11月~3月が漁期とされています。
日本海側は水温が低く、カニが豊富に獲れるのですが、地域によって名称が異なるのです。
みなさんも聞いたことがある「松葉ガニ」、「越前ガニ」、「間人(たいざ)ガニ」というカニはすべてズワイガニのことを指します。

ブランドカニの分布図


【松葉ガニ】

松葉ガニのタグ
ズワイガニの雄の山陰地方での呼び方。
雌はセコガニ、コッペ、親ガニなどと地域によって呼び名は違いますがブランド化はされていません。
ブランドカニの中では一番名前が知られており、漁獲期は毎日たくさん水揚げされます。

←白地に赤、青、緑など漁獲地域によってタグの色が変わります。



【間人ガニ】

間人ガニのタグ 松葉ガニが多く水揚げされる中、地域ブランドとして差別化が図れないため、京都の丹後半島にある間人港で水揚げされるものを間人ガニと呼び、新たな地域ブランドを作りました。
たった5隻の船で漁獲をする間人ガニは、安定した水揚げ量が保証できないので
価値が高く幻のカニとも言われ相場も非常に高くなっています。
漁獲したその日のうちに競りにかけられ、料亭や宿で出されるので、鮮度の高さでも有名で、
活きたままの間人ガニは冷凍保存など一切せず、店頭に並ぶこともないので
一般の人はなかなか食べる機会はありません。

←緑色のタグがつけられ、船の名前が記されています。


【越前ガニ】

越前ガニのタグ 福井県沖で水揚げされるズワイガニの雄の呼び方。
主に越前海岸沿岸に生息していて、冬の寒さが海水に最も影響する海域のため、
美味しい越前ガニが生まれると言われていて松葉ガニよりも評価が高いようです。

←黄色いタグがつけられます。



これら3種は通常のズワイガニであるオビリオ種なのですが、これより一回り大きいのがバルダイ種とよばれる大ズワイガニです。
主にロシア近郊で獲れるので輸入物になるのですが、とにかく身が大きいのです!
かにしゃぶなどをする時は、少し価格があがりますがバルダイ種がオススメですよ!


ツアーで思う存分ブランドガニを堪能!

水揚げ量の多い松葉ガニは他の地域に出回っているものもあるので、食べる機会もあるかもしれませんが、
漁獲範囲の狭い越前ガニや、希少価値の高い間人ガニはなかなかお目にかかれません。

やはり地域ものは、その地域で食べてこそ、新鮮なものがいただけるのではないかなと管理人は思います。

実は管理人、ツアコンをしていた時代があるのですが、冬場になるとカニツアーよく行きました!
カニツアーは通常温泉旅館に宿泊するので、要はカニと温泉を満喫したい人には超オススメのプランです。
格安で贅沢な量のカニを堪能でき、またツアーの中には漁港や地域の物産品店などに立ち寄るものも多いので、
普段手に入らないカニをお土産として持ち帰ることもできますよ。
各ブランドガニは以下の地域の温泉宿で食べることができます。

●松葉ガニ・・・皆生温泉、三朝温泉、城崎温泉
●間人ガニ・・・間人温泉
●越前ガニ・・・あわら温泉、三国温泉

多くの宿では、コースによってカニの量を調整したり料理を選んだりすることもできるので、自分好みの旅を満喫できると思います!

ページ先頭へ戻る